竹画家・八十山和代氏の大作「竹林」(襖絵)が、東京国立博物館(東京・上野公園)に展示された。外国人留学生に日本の文化を紹­介する、同館のイベント「留学生の日」の1コマを飾った。国宝や重文を所蔵する国内最古で最高峰の博物館に、現役画家の作品が展­示されるのはめったにない。
「自ら海外留学経験を持ち、世界で活躍する八十山さんの元気を感じ取ってもらい、竹のように真っ直ぐに伸びてほしい、と願いを込­めた。」と同館本部。八十山氏の作品の前で「くぁるてーとさくら」のアカペラコンサートが、2回開催された。

日時: 2005年11月23日(水)  9:30~17:00
主催: 東京国立博物館
実施箇所: 本館、東洋館、法隆寺宝物館、平成館1階、
応挙館・九条館(庭園内)
主な展示作品: ・国宝 元暦校本万葉集 巻第一、六、十二、十八
・国宝 群書治要
・重文 朱漆折敷・擎子
イベント: ○ガイダンス(日本語のみ)
・テーマ:博物館紹介「東京国立博物館へようこそ」
・講師:吉田知加(東京国立博物館事業部教育普及課研究員)
・場所・時間:平成館大講堂(11:00~11:30)
○講演会(日本語のみ)
・テーマ:「徳川260年の天下泰平と現代」
・講師:徳川恒孝(財団法人徳川記念財団理事長)
・場所・時間:平成館大講堂(14:10~15:00)
○日本のうたアカペラコンサート
・出演:くぁるてーとさくら
・場所・時間:本館1階エントランスホール
(13:40~14:00、15:40~16:00)
・展示作品:洋画家・八十山和代「竹林」襖絵(バックに展示)
※同時に開催される特別展「北斎展」「華麗なる伊万里、雅の京焼」は有料です。
竹林(襖絵)(1992) 100.0×179.0×4
竹林(襖絵)
孟宗竹は地下茎で結びついている。その姿はまるで人間のようだ。両親から子供が生まれ、祖父、祖母、親戚、友人、みんな地下茎でつながっている。竹林は人間社会を表わしている。竹の幹が人間の外見。地下茎、根っこが人間の内面。 「私は竹、竹は私」 。竹林の奥はうっそうとして暗い。私の作品はあえて明るくしている。自分の道を真直ぐ進むときっと先は明るいという意味を込めて

コメントは受け付けていません。